2014年7月30日水曜日

京町家。町家建築をわかりやすく解説、【町家えほん】


ようおこしやす。
京都に住むおやすこんです。

町家。
おもてでお商売をして、奥で生活する、京都によく見られる建築物です。
町家カフェや町家バル、町家旅館なども、ここ数年さらに増えましたよね。
わたしは、プライベートやお仕事で町家を利用しているうちに、町家についてもっと知りたくなりました。



でも、町家建築の用語ってなかなか難しい。
例えば、「みせの間」「奥の間」「前栽」「はしりにわ」「火袋」・・・。
みなさんご存じですか?

 なんとなくわかるものもあれば、想像できないものもあります。
 それらを、わかりやすく解説してくれている絵本に出会いました。

「町家えほん」。

京町家について、登場人物である「カフェ桜」の福ねこさんとお豆さんが案内してくれます。
絵本なので、漢字にふりがなもついているし、小さいお子さんでも楽しく学べます。
わたし自身も興味深く学べたので、大人の方にもおすすめです!

福ねこさんたちの物語で町家のことを知ったあとは、ものしり手帖なるお勉強コーナーがあります。
・平安時代末期からの町家のうつりかわり
・格子のデザインでわかるお商売
・町家ならではの建築デザインの紹介
このほかにもありますよ!
町家に関する知識をつけちゃいましょう♪




よかったらFacebookでも応援よろしくお願いいたします*





 YouTubeのチャンネル登録お願いします*

0 コメント:

コメントを投稿