2013年8月2日金曜日

河久:京都木屋町にあるアットホームな和洋折衷の割烹(川床あり)

京都の木屋町にある、京料理をベースにした和洋折衷割烹 河久
割烹というと少しかしこまったイメージもわきますが、こちらはとてもアットホームなお店でした。

路地裏にあり、間口が狭いので、初めての方は少し見つけにくいかもしれません。
河久の看板を過ぎたところが玄関です。


店内は、石の足場に木のテーブル、カウンター席12席・テーブル席4席・お座敷2室がありました。
空間デザイナーの白井伸夫氏が手がけられたそうです。

京都の夏の風物詩である川床もあります。
北に大文字山、南に東海道五十三次終着の三条大橋が眺められる、とても素敵なロケーション。
人気のため予約できないこともあるようです。

わたしが訪れた日はあいにくのお天気のため、店内のテーブル席へ。
祇園祭の時期だったこともあるのか、テーブル席の横には祇園祭の扇子が飾られていました。

メニューは、
まさに和洋折衷。
お魚が苦手な母と訪れたため、コース料理ではなく単品でちょこちょこ頼みました。
まずはビールと梅酒のソーダ割りで乾杯っ♪

ポテトサラダ
しっかりとじゃがいもの食感が残る上品なお味でした。

おまかせのお造り
どれも美味しい。なかでも季節もののハモは、淡泊だけどうまみがたっぷり!あっさり梅肉でいただきました。
お魚が苦手な母も鯛を2切れぺろりと食べていました。

賀茂茄子田楽
京の夏の名物である賀茂茄子に、あっさり上品な白味噌と白ネギがたっぷりのっていました。

ビーフコロッケ
中はとろっとしていて熱々です。河久の定番料理というのも納得。

おにぎり&漬け物盛り合わせ
おにぎりはほっとする味。お漬け物はさっぱりと美味しい京の味。醤油をつけずにそのままお召し上がりください。

お吸い物
わたしはとにかくお吸い物が大好きなのですが、河久のお吸い物は今まで食べた中でもかなり上位!もともと冬瓜が苦手なのですが、1個食べたら美味しくて全部おいしくいただきました。
もう1回頼みたいくらいでした♡笑

にゅうめん
これもまた上品なお味。うなぎも入っていてアクセントもあり、ちゅるちゅるっと食べちゃいました。

居心地もよく、ゆったりと会話も楽しみながら美味しいお酒とお料理で幸せな気分になりました。
河久さん、ごちそうさまでしたっ♪


母と訪れたこちらのお店、結婚する前に父と何度か訪れていたようで、わたしが大きくなったらいつか連れてこようと思っていたようです。
家族そろってお酒が弱いので、お家ではなくお店でお酒を飲みながら話す機会はめずらしいです。
この日、父はお家でお留守番 ...。次は一緒に行きたいな。


よかったら応援よろしくお願いいたします*






0 コメント:

コメントを投稿