2013年5月27日月曜日

iPhoneのスリープ(電源)ボタンが陥没・故障した!-対処法-

前回、iPhoneのスリープ(電源)ボタンが陥没・故障した!-交換・修理-という記事を書きました。
画面ロック/電源オンオフ(再起動)/スクリーンショットなど意外と使っているスリープボタン。
わたしは耐えられるところまでスリープボタン陥没状態のまま耐えることにしました。
今回は、本来ならスリープボタンで行う操作ををどのように行っているのかメモします。


*準備
 設定】→【一般】→【アクセシビリティ】→身体機能サポートの【AssistiveTouch】を選択し、機能をオンにします。
【AssistiveTouch】をオンにすると、画面上に半透明のボタンが表示されます。
このボタンは、画面の端であれば上下左右どの位置でも置くことができます。

以上で準備は完了しました。

ここでは4つの手順をメモします。
1.画面ロック
2.電源オフ
3.電源オン
4.スクリーンショット

1.画面をロック
【デバイス】→【画面をロック】
2.電源オフ
【デバイス】→【画面をロック】を数秒押し続ける→電源オフの画面がでます
3.電源オン
コンセントやUSBに接続すると自動的に電源がオンになります
4.スクリーンショット
【デバイス】→【その他】→【スクリーンショット】

このように、操作手順は多くなってしまいますが、スリープボタンが使えなくてもほぼ同じ操作をすることが可能です。
修理までの期間や新しいiPhoneを買うまではこの方法を試してみてください。


よかったら応援よろしくお願いいたします*



0 コメント:

コメントを投稿